陶淵明  雑詩 其の一(人生無根蔕)  楷書

陶淵明 雑詩 其の一

 人生無根蔕   人生は根蔕無く
 飄如陌上塵   飄として陌上の塵の如し
 分散逐風轉   分散し風を逐って轉じ
 此已非常身   此れ已に常の身に非ず
 落地為兄弟   地に落ちて兄弟と為る
 何必骨肉親   何ぞ必ずしも骨肉の親のみならんや
 得歓當作楽   歓を得ては當に楽しみを作すべし
 斗酒聚比鄰   斗酒、比鄰を聚めよ
 盛年不重來   盛年 重ねて來らず
 一日難再晨   一日 再び晨なり難し
 及時當勉励   時に及んで當に勉励すべし
 歳月不待人   歳月は人を待たず

 人の命には木の根や果実の蔕のような、しっかりした拠り所がない。まるであてどなく舞い上がる路上の埃のようなものだ。風のまにまにあちらこちらへ吹き飛ばされて、この身は、もはや元の姿を保ち得ない。
 そんな世の中に生ま出たからには、すべての人が兄弟のようなもの。肉親だけに限る必要はさらさらない。嬉しい時には、心ゆくまで楽しみ、酒をたっぷり用意して近所の仲間と一緒に飲むがよい。
 若い時は二度とやって来ないし、一日に二度目の朝はない。楽しめるときには、せいぜい楽しもう。時というものは人を待ってくれないぞ。

(岩波文庫 陶淵明全集 松枝茂夫・和田武司訳注)

 
  「及時當勉励 歳月不待人」の句は有名である。勉励とは行楽に精出すことであるが、
これを勉強と読み替えて、少年に学を勧める教訓として利用されるが、これは陶淵明の
意図には反した解釈である。
 この作品は鄭道昭風の楷書で書いた。(2尺×8尺)
河合克彦ホームページのトップに戻ります